文章力について。

2013年9月28日 by     No Comments    Posted under: 日記

ブログを書くにあたり、自分の文章力の低さに怖じ気づき、なかなか書きはじめることができませんでしたが、最近は書くように考えを変えました。

私は読むことに関しては好きなほうだと思います。
読書量が多かったので、読みやすい文章や、そうでない文章がわかる…つもりですが、自分の書いた文章に関しては、読みなおす度に自己嫌悪に陥り、細かい所が気になってしまいます。

例えば…
・句読点が多すぎるのではないか
・前後のつながりが変ではないか
・起承転結になっていないのではないか。(特に結が弱いと思います。)
・正しい日本語で書かれていないのではないか。
などです。

おかしいかなと思う部分は、調べたり、修正したりはしますが、自信が無いのは変わらずです。

まして、夜の文章は感傷的になるからよくない、とわかっていますが、日中は時間がとれないので、息子と早い時間に寝てしまい、ふと目が覚める真夜中に書いていることが多いです。

しかし、書かないことには上達もしないと思い、乱文かとは思いますが、書いています。

私が文章を書くときに参考にしているのは、ほぼ日刊イトイ新聞の、山田ズーニーさんの「おとなの小論文教室。」です。

その中で、いくら読むのが好きで、大量に読んでいても、上達するのは読む力であって、書かなければ、書くのがうまくはならない(原文ではなく、要約です。違ったら、すみません。)とあり、当たり前のことかも知れませんがなるほどな、と思いました。

また、「おとなの小論文教室。」は、文章の書き方だけではなく、色々と読んでいて心に響く部分や共感できる部分があります。

最近では、
・友は恋よりうつろいやすく
・「誰かのせいで何かができない」と言わない自立
が面白かったです。

・友は恋よりうつろいやすく
ですが、私は現在30代半ばで、結婚をし、子供がいますが、友人は同じ状況であったり、働いていたり、さまざまです。以前のような友達付き合いとは変わってきています。
どのように接したらお互いが楽しいのか、と考えることが多いです。

以前、星野珈琲でマリソル(雑誌)を読んだときも、40代の友人関係に悩む、という特集があり、同じような悩みを抱えている人は多いかもしれない、と思いました。
そんな中、私にとっては答えになるようなことも書いてありました。

話を戻しますが、文章を書くこと、今はまだ下手ですが、これからも書いていきたいと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

日記 カテゴリの前後の記事

・次の記事 「

コメントを投稿する

CAPTCHA


息子のプロフィール


カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アンケート

アーカイブ