スマホ通話料半額になる「楽天でんわ」は本当にお得か検証

2013年12月6日 by     No Comments    Posted under: 節約生活

【楽天でんわとは】

「楽天でんわ」というサービスが昨日(2013年12月5日)発表されました。
このサービスはスマートフォン(携帯電話)の通話料金が半額の30秒10円(通常30秒20円)になるというものです。

・楽天でんわ
http://denwa.rakuten.co.jp/

しかも月額基本料も0円で、途中解約で違約金もかかったりせず、使った分だけ半額になるという、携帯で電話をたくさんする人には、夢のようなサービスです!!スマホではアプリで提供され、フィーチャーフォン(従来の携帯電話)では、電話をする際に「0037-68-」をつけることで利用出来ます。

アプリなら無料のものがある、と思ってしまいますが、それらのIP電話と異なるところは、このサービスでは従来の電話回線が使われる為、通話品質が良いというところにあります。実際、IP電話は、結構通話品質が悪いです。こんな損のないサービスは早速利用しなければ!!

と、思ってしまうところですが、良く考えてみると、単純に特をする人はそこまでいないかもしれません。。。

【楽天でんわがお得か検証】

例えば、私は携帯であまり電話をかけることがないので、現在docomoの「タイプSSバリュー」という月額1,957円のプランを利用しています。これが、2年しばりの「ひとりでも割引」や「ファミリー割引」で半額の980円になります。

このプランには1,000円分の無料通話が付いており、通話料金は30秒20円になります。

もし、このプランで、通話料か半額になるからといって、楽天でんわを利用してしまうと、無料通話分を使わずに、別に30秒10円の料金が発生してしまう為、利用するメリットは全くありません。

では、この無料通話分を使い切ったら、楽天でんわを利用すれば良いと思いますが、それもあまりお得ではありません。

例えば月の合計で50分通話をしたとします。
30秒20円だと2,000円で無料通話の1,000円を差し引くと、1,000円てす。基本料金を合わせると1,980円です。もし、無料通話分を使い切ってから、楽天でんわを利用した場合、25分で1,000円はなくなるので、残りの25分が半額になります。すると、500円の通話料で済むことになります。基本料金を合わせると1,480円です。

しかし、月に50分電話をするのであれば、プランをあげておいたらどうなるでしょうか。docomoの「タイプSS」の上のプランは「タイプS」になりますが、こちらは割引後の基本料が1,575円無料通話が2,000円分付いて、通話料金は30秒18円になります。

50分の通話だと全て無料通話でまかなえるので1,575円で済みます。さらに100円分の無料通話が残っていると考えると1,475円で済む計算になります。このことは、通話をたくさんする場合には、余計に分かりやすくなりますが、高いプランにいくにつれて、通話料金が安くなるのです。

【docomoのプランと超過分を「楽天でんわ」を利用した場合の参考例】

□□□ docomoの料金プラン(半額の割引を摘要した場合) □□□
(タイプSS 基本料金980円 通話料30秒20円 無料通話1,000円)
(タイプS  基本料金1,575円 通話料30秒18円 無料通話2,000円)
(タイプM  基本料金2,625円 通話料30秒14円 無料通話4,000円)
(タイプL   基本料金4,200円 通話料30秒10円 無料通話6,000円)
(タイプLL  基本料金6,825円 通話料30秒7.5円 無料通話11,000円)

・docomo 料金プラン
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/bill_plan/plan/value/index.html

【月30分通話した場合】

・タイプSS 通話料1,200円―1,000円 超過200円 請求1,180円
 (超過分を楽天でんわ 超過100円 請求1,080円
・タイプS 通話料1,080円―2,000円 残り920円 請求1,575円
・タイプM 通話料840円―4,000円 残り3,160円 請求2,625円

【月100分通話した場合】

・タイプSS 通話料4,000円―1,000円 超過3,000円 請求3,980円
 (超過分を楽天でんわ 超過1,500円 請求2,480円)
・タイプS 通話料3,600円―2,000円 超過1,600円 請求3,175円
 (超過分を楽天でんわ 超過890円 請求2,465円
・タイプM 通話料2,800円―4,000円 残り1,200円 請求2,625円

【月300分通話した場合】

・タイプSS 通話料12,000円―1,000円 超過11,000円 請求11,980円
 (超過分を楽天でんわ 超過5,500円 請求6,480円)
・タイプS 通話料10,800円―2,000円 超過8,800円 請求10,375円
 (超過分を楽天でんわ 超過4,890円 請求6,465円)
・タイプM 通話料8,400円―4,000円 超過4,400円 請求7,025円
 (超過分を楽天でんわ 超過3,140円 請求5,765円)
・タイプL 通話料6,000円―6,000円 超過0円 請求4,200円

どの場合でも「楽天でんわ」で超過分を補うよりも、プランを一つ上のものにしておけば、残りの無料通話分を考慮すればお得になります。タイプLになると、通話料も「楽天でんわ」と同じ半額になってきて、さらに無料通話分が多く付いているので、「楽天でんわ」を利用する理由がなくなります。また、無料通話分は2ヶ月はくりこすことが出来るので、残った分は次の月で利用することで、「楽天でんわ」で超過分を補うよりも安くなります。もちろん、基本料金を780の最低料金のものを利用して通話は全て「楽天でんわ」を利用したとしても、無料通話が付いているプランの方が断然安くすみます。

【「楽天でんわ」でお得になる使い方】

そうなると、結局、「楽天でんわ」は意味がないのかというと、そういうわけではありません。
例えば以下のような場合には大変有効です。

1. 月の電話の半分以上が同一キャリアで通話料が無料になる場合
 通話相手が「ソフトバンク同士無料」等のプランで無料に話せることが多い場合は、「ホワイトプラン」等のキャリア同士無料になるプランがお得になります。その場合、無料通話分を付けることが出来ず、通話料も一律30秒20円になってしまいます。そこで、他のキャリアに電話する際に「楽天でんわ」を利用すれば、お得になります!

2. 「ひとりでも割引「や「ファミリー割引」等の基本料金が半額になる割引を付けていない場合
 2年しばりが嫌だ等の理由で、基本料金が半額になる割引を適用していない場合は、月額の基本料金が半額にならない為、「楽天でんわ」を利用した方がお得になります。

【結論】

結論としては、「楽天でんわ」は通話料が半額になるという、かなり衝撃的なサービスかと思いがちですが、実はそこまで「かなりお得」というものでもなく、結局、限られた人のみが恩恵を受けるサービスかと思います。それでも、このようなサービスが登場することで、競争が生まれるので、どんどん利用者が得をする色々なサービスが登場して欲しいですね(^^)!

(2013年12月11日訂正)
docomoとauは、スマートフォンの料金プランでは、無料通話分の含んだプランの提供はなくなっていました。その為、「楽天でんわ」を使った方がお得になります。上記はソフトバンクのスマートフォンを使っている場合のみ適用されます。※iPhone 5S や 5Cは除きます

・【訂正】スマホの通話料半額の「楽天でんわ」はお得でした
http://www.kurapi.com/archives/3259

・スマホ上手
http://www.sim-jozu.net/

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

コメントを投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

息子のプロフィール


カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アンケート

アーカイブ