東芝のリモコン(WH-RA01EJ)の電池交換方法。カバーが外れない時は。。。

2016年6月21日 by     2 Comments    Posted under: マメ知識

梅雨になりましたね。
だいぶ蒸し暑い日が多くなってきて、そろそろエアコンの季節です。

ふと、エアコンのリモコンを見てみると、液晶が何も表示されなくなっています。
数ヶ月前の冬の時期には「電池交換」と表示されていたのですが、使えたのでそのまま使ってしまっていました(^^; ついに、完全な電池切れになってしまったんですね(^^;

それでは、リモコンの電池交換をしよう!
と思い、裏を見てみると電池の蓋らしきものがありません。。。
ちなみにリモコンの型番は、東芝の「WH-RA01EJ(1)」です。
型番はリモコンの裏に書いてあります。

説明書を見てみると、リモコンの前面にあるカバーをスライドさせたら、「カバーの上側を軽く押しながら手前に引きます。」と書かれています。それでは、説明書通りにやってみましょう!

東芝のエアコンのリモコンの電池交換

と思い、その通りにやってみたのですが、結構強く引っ張っても開きません。。。
こんなに強く引っ張ったら割れるのではなかろうか、というくらい引っ張っても取れません(^^;

ネットで調べてみると、他の説明書には「カバーを強く手前にひく」と書いてあります。それって、ただの力技で外せってことではないですか!何だかこのリモコンは、細やかな日本メーカーらしくないですね。。。 そんなわけで、普通に引っ張るのは怖いので、新たな方法をあみだしました(^^)

カバーの外し方

まずは普通にカバーを下まで開いたら、リモコンの両サイド(写真の赤丸あたり)を指で持ち、左右に揺らしながら手前に引っ張ります。すると、結構簡単にカバーが外れます!※ご自身の責任で行ってください

中には単4電池が2本入っています!
電池を交換したら、リモコンの日時の設定になりますので、以下のボタンを操作して、日時を合わせます。

リモコンの日時の設定

設定が完了したら、同じようにカバーをスライドさせて戻します
また、途中で引っかかりますので、入りづらい場合には、外すときと同じように左右に揺らしながらカバーをスライドさせていくと、比較的すんなりと戻ってくれます。

とはいえ、カバーの取り外しを繰り返していると、プラスチックの出っ張りの部分が削れてしまい、そのうち簡単に外れてしまうようになる気がします。。。 リモコンまたはエアコンの寿命が先か、カバーの出っ張りの寿命が先か。。。

まぁ、どちらでも良いですね(^^;
リモコンの電池を交換する時に、蓋が見当たらない場合には、同じように開ける仕様かもしれません。強く引っ張っても外れない場合には、是非、「左右に揺らしながら引っ張る方法」を試してみてください(^^)

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

2 Comments + コメントの投稿

  • とっても、助かりました(^_-)-☆
    ありがとうございます(笑顔)アイリス

    • コメントいただきましてありがとうございます。
      電池の交換方法、もっと分かりやすくしてほしいですよね!

コメントを投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

息子のプロフィール


カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アンケート

アーカイブ