栃木県の「いちごの里」でいちご狩り。とちおとめってこんなに甘かったんだ…

2018年2月27日 by     No Comments    Posted under: 公園・遊び場, 旅行
ブログランキング・にほんブログ村へ

栃木県の「いちごの里」でいちご狩り。とちおとめってこんなに甘かったんだ。。。

この記事をかんたんに書くと…

  • いちご狩りだけでなくスイーツや体験も楽しめる栃木県の「いちごの里」
  • 予約は埋まっていても、1週間前くらいになると空くこともある
  • いちご狩りの後は「佐野プレミアム・アウトレット」でショッピングも楽しめる

2月と言えば、いちご狩りの季節です!
関東近辺で、とても気になる「いちご狩りスポット」があったので行ってきました。

栃木県にある「いちごの里」という農場では、いちご狩りだけでなく、いちごのスイーツ(デザート)を食べたり、ジャム作り体験やケーキ作り体験もできるのです。いちご狩りでお腹がいっぱいになっている状態で、スイーツを食べることができるのか?(笑)という疑問は残りますが、とても楽しそうですね(^^)

しかも、近くに「佐野プレミアム・アウトレット」があるので、いちご狩りを楽しんだあとは、アウトレットでショッピングを楽しむ、ということもできますね。家族でのレジャーやデートにもいかがでしょう。

 

東北自動車道で東京から約1時間30分

「いちごの里」は栃木県の小山市というところにあります。
栃木県と言っても、埼玉県よりなので、東京から1時間30分くらいで行くことができます。東北自動車道の佐野藤岡インターを下りて、14kmくらいのところに「いちごの里」はあります。

カーナビに、お問い合わせの電話番号(0285-33-1070)を入れても出てこなかったので「栃木県小山市大川島408」で設定したのですが、ホームページを見ると直売店の電話番号「0285-33-1120」を設定してください、と書かれていました。こちらの電話番号を入力すると設定できるようですね。

また、関東でも北の方だったので、冬だと雪も心配だったのですが、「いちごの里」の地域は雪がたくさん降るような場所ではないようで、雪の心配は不要でした。ただ、それでも都内よりは寒いので、雪も降ることもあると思いますので、心配な場合には念のため確認はした方が良いかもしれません。

・Yahooピンポイント天気 (栃木県小山市の天気)
https://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/9/4110/9208.html

 

予約は埋まっていても1週間前くらいになると空くことも

「いちごの里」は、完全予約制なので、予め電話かインターネットで予約をしておく必要があります。ただ、2月の中旬頃に世予約状況を見てみると。。。 なんと3月末まで土日は予約が埋まっていました(><) すごい人気ですね。どうやら2018年に入ってから「ヒルナンデス」や「ワールドビジネスサテライト」で紹介されているようで、それらの影響もあるのでしょうね。

ただ、予約の状況は毎日変わります。
特に予定日の1週間前くらいになってくると、キャンセルする人もいるようで、埋まっていて「×」印になっていても、空くことがあります。私も、諦めずに5日前くらいに予約状況を確認してみると、なんと空きが出ていました!

ということで、早速予約!
また、いちごの里の「いちご会員」になると、いちご狩りが会員価格の割引で利用することができます。今回は「とちおとめ狩り」を予約したのですが、通常大人は1,600円のところ、1,440円で予約することができました!これは「いちご会員」になるしかないですね(^^)

 

どのショップも人がたくさん

そして、ついに「いちごの里」に到着しました!

栃木県の「いちごの里」に到着

 

敷地内には、ビニールハウスの他、スイーツやお土産を販売しているショップ「マルシェ」や、ビュッフェを食べられる「いちご一会」、パスタやピザやスイーツを食べられるカフェ「アンジェフレーゼ」があります。午後の部に予約したので、12時過ぎに着いたのですが、カフェには行列が。。。 まぁ、お昼時だから仕方がないですよね。

パスタやピザやスイーツを食べられるカフェ「アンジェフレーゼ」には行列が。。。

また、自由に乗って遊べる動かないトラクターも置いてあります。
息子は早速乗りに行きました(^^; 子どもはこういう乗り物が大好きですよね。

 

練乳が必要なら持ち込む必要が

とりあえず、午後の部のいちご狩りの受付は12時から始まっているので、まずは受付を済ませることに。こちらのマルシェでいちご狩りの受け付けができます。

こちらのマルシェでいちご狩りの受け付け

 

混んでいるので、いちご狩りができるまでは待ち時間があると思ったのですが、早速いちご狩りが出来るようです。ということで、みんなでいちご狩りの説明を聞き、ビニールハウスへ!いちご狩りのビニールハウスはたくさんあるのですが、いくつかのビニールハウスへ割り振られ、いちごのヘタを捨てる為のカップが手渡され、30分のいちご狩りがスタートです。

以前、他の場所で行ったいちご狩りでは、練乳も一緒にもらえたのですが、「いちごの里」では練乳はないようです。ホームページに「練乳が必要な場合には持ち込んでください」と書かれていたので、念のため持ち込んだのですが、その後、全く使うことはありませんでした。なぜかというと、この後すぐにその理由が分かります(^^;

 

とちおとめがはちみつのように甘い

当たり前ですが、ビニールハウスには、美味しそうないちごがたくさん!

ビニールハウスには、美味しそうないちごがたくさん

 

赤くて美味しそうないちごを食べてみると。。。
甘くて美味しい!とちおとめというと、少し酸味があるイメージだったのですが、ここで食べるとちおとめは全く酸味がありません。しかも、ものによるのですが、中には “神いちご” があって、はちみつのように甘いいちごがあるのです!もうフルーツの域を通り越して、そのいちご単体でスイーツといっても過言ではないくらい、甘くて美味しい「神いちご」。

ただいちご狩りを楽しむだけでなく、まるで「宝さがし」のように、息子と一緒に楽しんでしまいました。ついつい、スーパーのいちどでは食べられないような大きないちごを食べてしまうのですが、大きいいちごよりも小ぶりないちごの方が美味しかったりするのですね。勉強になりました(^^)

というわけで、練乳が要らないくらい甘いいちごだったので、持ってきた練乳は家族の誰も使うことはなかったのです(^^;

 

いちご狩りの後は「佐野プレミアム・アウトレット」へ

お腹がいっぱいになって、とちおとめの30分いちご狩りは終わりました。
いちご狩りというと、すぐにお腹がいっぱいになってしまって、なかなか元が取れないイメージなのですが、今回は十分に元が取れました。そもそも、こんなに甘いいちごは、スーパーでは売っていないので、なかなか食べられないのではないでしょうか。スーパーで売っている「あまおう」よりも美味しかったです。

この後、カフェで軽くスイーツも食べたかったのですが、相変わらず混んでいるのと、お腹がいっぱいなので、美味しそうではありますがスイーツは断念することに。

というわけで、お腹いっぱい美味しいいちごを食べた後は、「いちごの里」から車で20分ほどのところにある「佐野プレミアム・アウトレット」に行きました!場所は、東北自動車道の佐野藤岡インターの近くにあるので、丁度帰り道でもあるので、寄り安いですね。

・佐野プレミアム・アウトレット 公式サイト
http://www.premiumoutlets.co.jp/

「いちごの里」から車で20分ほどのところにある「佐野プレミアム・アウトレット」

 

まとめ

こんなに甘くて美味しいいちごは初めて食べました。
いちご狩りの品種は、他にもさらに甘くて美味しそうな「スカイベリー」という品種があるのですが、とちおとめでこんなに甘かったら、スカイベリーはどんなに美味しいのだろう。。。と思ってしまいます。

近くで気軽に行けるいちご狩りも良いですが、たまには遠くへドライブがてら「いちご狩り」を楽しむのも良いですね。

・スローライフリゾート「いちごの里」 公式サイト
http://www.itigo.co.jp/

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

コメントを投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アンケート

アーカイブ